登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

16/12/2011  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

ベルバがQPR戦に帯同

11 30 日に行われたカーリングカップ準々決勝(クリスタル・パレス)で負傷し、その後 3 週間欠場を続けているディミタール・ベルバトフ( FW )が、 18 日(日)の QPR 戦のメンバーに入る可能性があると、アレックス・ファーガソン監督が明らかにした。

前節ウォルヴァーハンプトン戦前にもチームの練習に参加していたベルバトフだったが、試合直線のフィジカルテストをパス出来ず、復帰はお預けとなっていた。
先週はネマニャ・ヴィディッチが今シーズン終了、そして今週はダレン・フレッチャーが病気を理由に長期休養を発表する等、暗い話題が多かっただけに、ベルバトフ復帰は朗報になったことだろう。

監督は「ベルバトフは問題ないと思う。それにラファエウもトレーニングに復帰したし、リザーブマッチで打撲したダロン・ギブソンも大事には至らなかった」と、負傷者の最新情報を伝えた。

しかし、今節のアウェーゲームは、難所と言っても良いQPR戦。今シーズンはホームで僅かに2敗しか許しておらず、チェルシー、ニューカッスル、アストン・ヴィラも勝ち点3を取り逃している。

監督はロフタス・ロード(QPR本拠地)の環境を気に入っている様子で、「以前は、われわれのファンにも十分な座席を与えてくれていた」とすると、「相性は良いスタジアムだし、今回も良い結果を残したい」とコメント。

ページ 1 / 2 次へ »