登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「(シティー戦では)後半の方が選手起用は楽だった。もちろん、勝てたのは前半終了で交代した経験豊富なベテランの力によるところが大きい」

― アレックス・ファーガソン監督
12/08/2011  Report by A Marshall & A Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

エヴラ開幕戦出場は微妙!?

アレックス・ファーガソン監督は、パトリス・エヴラ( DF )の開幕戦(ウェスト・ブロムウィッチ)出場について、現時点では未定という見解を示した。

エヴラは7日(日)のコミュニティーシールドマッチで膝を負傷。ミッドウィークに行われたフランス代表戦にも大事を取って出場せず、治療に務めているが、試合前日に遠征メンバーを決める直前まで出場可能かどうかは未定となっている。

ダレン・フレッチャー、アントニオ・バレンシア、そしてハビエル・エルナンデスは欠場。フレッチャーとバレンシアは、調整の為、15日(月)のリザーブ戦に出場する予定だが、アメリカ遠征中に脳震盪を起こしたチチャリート(エルナンデスの愛称)は、トレーニング復帰まで最低でも今後10日は休養が必要とされている。

「パトリス・エヴラの出場は未定だ。ウェンブリーで膝を負傷し、代表戦も欠場した。明日の状態をみて決めるが、難しいかもしれない」と監督。

「ダレン・フレッチャーとアントニオ・バレンシアは回復に向かっている。チチャリートに関しては、数年前にも脳震盪を起こしたことから、大事を取っているだけ。現時点でもチームには十分な戦力がいる。おそらく今回は、22人を遠征に帯同させることになるだろう」

厳しい試合となることを予想しているという監督だが、フィル・ジョーンズ、トム・クレヴァリー、クリス・スモーリング、ダニー・ウェルベックら若手選手を、3-2で逆転勝利したシティー戦に出場させられたことに満足しているという。

「(シティー戦では)後半の方が選手起用は楽だった。もちろん、勝てたのは前半終了で交代した経験豊富なベテランの力によるところが大きい」

ページ 1 / 2 次へ »