登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

14/08/2011  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

監督が新加入選手に上々の評価

アレックス・ファーガソン監督は、 2011-12 シーズン開幕戦となったウェスト・ブロムウィッチ戦(アウェー)でリーグ戦デビューを飾った新戦力について語った。

監督は、新守護神として大いに期待しているダビド・デ・ヘアに関し、「1点目は防げたはず」と苦言を呈しながらも、チーム史上最高のGKとして知られるピーター・シュマイケルと重ねた。

「(1点目は)集中力の問題だ。ダビド本人には『これがイングランドのフットボールだ』と説明した。レフェリーの裁定に助けられた面もあったが、それにしても良く耐えた。良い経験になったはずだし、ダビドはまだ20歳。経験が必要なことはわれわれも理解している」

「イングランドのゲームは、ヨーロッパと比べると大分違う」

「ピーターがリーグに来た時も同じ様だった。たしかミッドウィークにウィンブルドンでのアウェーゲームがあって、それが彼にとっての初アウェー戦だったはず。その時も厳しい試合だった。その次にホームで行われたリーズ戦でも失点を許したが、結果的に彼はチーム史上に残るGKに成長した」

ウェイン・ルーニーの先制点をアシストし、2点目となったオウンゴールを引き出したアシュリー・ヤングは、序盤から精度の高いクロスを何本も上げ、攻撃の起点となった。

ページ 1 / 2 次へ »