登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

19/08/2011  Report by A Marshall, N Coppack

監督、若手中心DFを信頼

アレックス・ファーガソン監督は、 22 日(月)のトッテナム戦で、若手選手を多く起用することを明言し、選手達への信頼を口にした。

先週のウェスト・ブロムウィッチ戦(2-1でユナイテッド勝利)でもトム・クレヴァリー、ダニー・ウェルベックらにチャンスを与えた監督は、負傷により欠場となるリオ・ファーディナンドとネマニャ・ヴィディッチに代わり、フィル・ジョーンズとジョニー・エヴァンスを先発CB、そして開幕戦同様クリス・スモーリングを右SBとして先発起用する方針を明かした。

「トッテナム戦では若手を中心としたDFラインで臨む。そこにパトリス・エヴラが復帰することで、経験が加わる」

「ダビド・デ・ヘア(GK)もこれまでの試合で学んだことを生かすだろうし、クレヴァリーとウェルベックにも出場機会を与える。つまり、若い選手を中心に起用するということだ。選手達は自信とエネルギーに満ちているし、私も彼らがプレーするのを見るのが楽しみでならない」

「若手中心のメンバーだからといって、特に不安は感じていない。エヴァンスに至っては12歳からチームにいるし、ファーストチームでも豊富な経験を持っている」

ページ 1 / 2 次へ » 


「若い選手中心のチームとなるが、皆自信とエネルギーに満ちているし、私も彼らがプレーするのを見るのが楽しみでならない」

― アレックス・ファーガソン監督

トッテナム戦予想先発GK、DF

ダビド・デ・ヘア
クリス・スモーリング
フィル・ジョーンズ
ジョニー・エヴァンス
パトリス・エヴラ