登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

アレックス・ファーガソン監督は、新加入組の3選手(アシュリー・ヤング、フィル・ジョーンズ、ダビド・デ・ヘア)について語った。

02/08/2011  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

監督、新トリオ起用を語る

2011-12 シーズン開幕を目前とし、アレックス・ファーガソン監督が新加入のアシュリー・ヤング、フィル・ジョーンズ、ダビド・デ・ヘアの起用法についてプランを明かした。

監督は公式クラブマガジンInside Unitedの取材に対し、ヤングを左ウィングで起用することを明言。ジョーンズは将来のCB最有力候補として大事に育てるとし、デ・ヘアに関しても、未来のチームを長期間担う存在への成長を期待しているという。

「アシュリーは複数のポジションでプレーすることが出来る。左右のウィング、トップ下もこなせるし、チームにとってもオプションが増える。現時点では、左ウィングとして起用しようと思っている」

「最初にフィルに注目したのは、数年前のユース戦のことだった。彼はブラックバーンのユースでプレーし、われわれが0-3で敗れた。その当時から素晴らしい才能の持ち主だった」

「まだファーストチームで使うには時期尚早と考える人もいるかもしれない。しかし、彼の能力、献身性は、すぐにでもトップチームで通用する。意外と早くから彼を起用するかもしれない」

最も重要な補強ターゲットであったデ・ヘアは、アメリカ遠征で活躍をみせたアンデレス・リンデゴーアと正GKを争っている。

「(デ・ヘアの獲得は)非常に困難だった。アトレティコ・マドリーも彼を高く評価していたしね。幸運にもチームに移籍させることが出来た。非常に満足しているよ」

「エドウィン(ファン・デル・サール)は既に過去の選手だ。チームの歴史に名を残す偉大なGKだった。これからは、ダビド・デ・ヘアの時代となることを期待している」

ページ 1 / 2 次へ »