登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「我々は火曜日(19日)ニューカッスルとの大事な試合を控えている。どんな状況であろうと、試合が始まれば関係ない。出場するからには気持ちを切り替えて、また連勝記録をスタートさせるだけだ」

― アレックス・ファーガソン監督
16/04/2011  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「次の試合で挽回」

FA カップ準決勝でシティーに 0-1 で敗れ 3 冠の可能性が消滅したユナイテッドだが、アレックス・ファーガソン監督は試合後 MUTV の取材に応じ、ニューカッスルとの次戦に向け、早くも気持ちを切り替えている。

「我々は火曜日(19日)ニューカッスルとの大事な試合を控えている。どんな状況であろうと、試合が始まれば関係ない。出場するからには気持ちを切り替えて、また連勝記録をスタートさせるだけだ」

監督は敗因の一つとして、後半開始からの15分の展開を挙げた。

「後半開始からの15分で勝敗が分かれた。エドウィン(ファン・デル・サール)のミスキックから、マイケル(キャリック)がボールをキープすることが出来なかった」

「前半のような展開であれば、我々が先に得点を奪って勝てていたはず。ディミタール(ベルバトフ)も2度好機を外してしまった。1度目は相手GKのセーブが素晴らしかったが、2度目のチャンスには決めてもらいたかった。先取点を取ったチームが勝つと思っていたよ」

「ピッチがスローだったこともシティーに好都合に働いたかもしれない。我々は速いピッチの方を好むからね」

また、レッドカードをもらい一発退場となったポール・スコールズについては、次のように語った。

「ポールは素晴らしい選手で、チームのために貢献してきてくれた。ただ、今日のように冷静さを欠いてしまう場面も何度か見てきた。ボールを奪いにいって、たまたま足が相手の太ももに当たってしまったのかもしれない。そういう意味では彼にとっては不運だったことだろう」

ページ 1 / 2 次へ »