登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

18/09/2012  Report by Adam Marshall

リオが好調ルーニーを絶賛

リオ・ファーディナンドが、チェルシーとアウェーで対戦した6日のチャンピオンズリーグ準々決勝第1戦で決勝点を挙げたウェイン・ルーニーを称賛した。

「ウェインは一流のプレーヤーだ」とファーディナンドはITV Sportに語った。「素晴らしいボールさばきとポジショニングを見せていた。シュートのフィニッシュも見事だったし、今日の試合ではピッチを精力的に動き回り、チームの勝利に貢献していた」

「ここ数週間は好調を維持しているね。対戦チームは、彼の才能をまざまざと見せつけられていることだろう。この試合でも終始、安定したプレーを披露していた。相手にとっては厄介な存在だったはずだ」

また、後半ロスタイムにパトリス・エヴラのラミレスへのタックルに対してPKが与えられなかったシーンについては「PKだったかもしれないが、PKじゃなかったかもしれない」と微妙なプレーだったことを認めた。

「いろんな見方があるだろう。だがチェルシーはこの数年、我々とのホームゲームで何度も幸運に救われといたので、今回の不運な判定も甘受するべきだよ」

ページ 1 / 2 次へ » 


絶賛

「ウェインはここ数週間、好調を維持しているね。対戦チームは、彼の才能をまざまざと見せつけられていることだろう。この試合でも終始、安定したプレーを披露していた。相手にとっては厄介な存在だったはずだ」

─ リオ・ファーディナンド