登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

15/04/2011  Report by Adam Marshall

FAカップ準決勝に集中

チェルシーを下してチャンピオンズリーグ準決勝進出を果たしたユナイテッド。しかし、選手達はマンチェスター・シティーとのFAカップ準決勝に気持ちを切り替えている。

マイケル・キャリックとハビエル・エルナンデスはチャンピオンズリーグ準々決勝突破の喜びからチームは早くも気持ちを切り替えたと明かした。恐らく、それはアレックス・ファーガソン監督の指示と選手たち自身のFAカップ戦への意気込みによるものだろう。まずキャリックはこう語った。

「ドレッシングルームの話題は土曜日(16日)の試合についてばかりだよ。チェルシーに勝った試合は素晴らしかった。でも、喜ぶのはまだ早い。僕らは土曜日に重要な試合を戦うし、それへ向けて気持ちを切り替えているよ」

8月にウェンブリーで行われたチェルシーとのコミュニティーシールドでゴールを奪ったエルナンデスも、今回のゲームに照準を合わせている。

「ファンにとってマンチェスター・シティーとの対戦はとても重要だ。僕らにとってもこの試合は最も重要なものの1つだし、最高の雰囲気になるだろう。ウェンブリーの歴史は誰もが知っているし、そこでプレーできることは素晴

ページ 1 / 2 次へ » 


マン・シティー戦に集中

「ドレッシングルームの話題は土曜日(16日)の試合についてばかりだよ。チェルシーに勝った試合は素晴らしかった。でも、喜ぶのはまだ早い。僕らは土曜日に重要な試合を戦うし、それに向けて気持ちを切り替えているよ」

― マイケル・キャリック