登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「派手なプレーをするタイプではないが、チームのカギを握る選手であることは間違いない。ポジションの取り方がうまいので、DF陣は彼に楽にパスを通せるんだ」

─ ネマニャ・ヴィディッチ
08/04/2011  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

ヴィダとギグスがキャリックに賛辞

ネマニャ・ヴィディッチとライアン・ギグスが、6日のチャンピオンズリーグ準々決勝のチェルシー戦で好パフォーマンスを見せたマイケル・キャリックに賛辞を贈った。

ユナイテッドはキャリックからの正確なパスを起点とし、ギグスの折り返しよりウェイン・ルーニーが決勝点を挙げ、チェルシーを1-0で下した。

さらにキャリックはパスだけでなく、インターセプション、力強いタックルなどでユナイテッドが中盤を支配することに大きく貢献した。

そんなイングランド代表MFについて、ゲームキャプテンのヴィディッチは、ManUtd.comの取材に対して次のように評した。

「選手の観点から見ても、マイケルはチームに不可欠な、重要なプレーヤーさ。バランスをもたらしてくれるし、守備と攻撃をつなぐ大事な役を果たしている」

「派手なプレーをするタイプではないが、チームのカギを握る選手であることは間違いない。ポジションの取り方がうまいので、DF陣は彼に楽にパスを通せるんだ。トッププレーヤーだし、ゲームに対する集中力も高いものを持っていると思う」

ギグスも称賛の言葉を惜しまず、ManUtd.comに次のようにコメントした。

「マイケルは一流の選手さ。この数週間のプレーぶりには脱帽するね。長短のパスを正確に出せるし、4バックの前で的確な守備もできる」

ページ 1 / 2 次へ »