登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「エドウィン・ファン・デル・サールは最高のGKの一人。彼の代わりを見つけることが不可能でないことを願っているよ」

― アレックス・ファーガソン監督

25/04/2011  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

監督、ファン・デル・サールを絶賛

エドウィン・ファン・デル・サールは、欧州カップ戦であと3試合好プレーを続けることができれば、クラブ史に残る偉大なGKペーター・シュマイケルのように最高の形で現役を引退することができる。

1998-99シーズンの途中で現役引退を表明した元デンマーク代表のシュマイケルは、バルセロナでのチャンピオンズリーグ決勝をユナイテッドでの最後の試合にしたいと願っていた。

その願いは実現し、今度はファン・デル・サールが同じ願望を抱いている。シャルケとの準決勝に備える守護神は、23日のエバートン戦でもチームの1-0の勝利に大きく貢献した。

「エドウィンは素晴らしいセーブをした。少し向きが変わっていただけに、本当に目覚ましいセーブだった」。ジョニー・エヴァンスの脚に当たって向きを変えたジャック・ロドウェルのシュートを、40歳のGKが俊敏な動きでゴール横へはじき出したプレーを振り返り、アレックス・ファーガソン監督は語った。

プレミアリーグでの貴重な勝利へのファン・デル・サールの貢献は、これにとどまらなかった。

「エバートン戦のハーフタイム中に彼がチームを鼓舞してくれたのは、本当に素晴らしかった」とファーガソン監督は明かす。

「彼のモチベーションの上げ方は、聞いていて本当に気持ち良かった」

「エドウィン・ファン・デル・サールは最高のGKの一人。彼の代わりを見つけることが不可能でないことを願っているよ」

来月に迫ったファン・デル・サールの退団は、シュマイケルの時の記憶と重なる。当時、ユナイテッドは代役をなかなか見つけられず、マーク・ボスニッチ、マッシモ・タイビ、ロイ・キャロル、ティム・ハワード、そしてワールドカップ優勝を経験したファビア

ページ 1 / 2 次へ »