登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

16/09/2010  Report by A Bostock, G Thompson

ファーディナンド、復帰に満足

リオ・ファーディナンドがファーストチームの試合に今シーズン初出場。レンジャーズと戦ったチームは結果を出せなかったが、個人としてしっかり仕事をした。

ファーディナンドが90分間プレーしたのは、イングランド代表として出場した5月30日の日本戦以来。試合結果に不満はあっても、プレーできたことを素直に喜んだ。

「復帰できてよかった。この時を長い間待っていたよ」とファーディナンドはMUTVに語った。

アレックス・ファーガソン監督は、週末のエヴァートン戦からダレン・フレッチャーを除く10人を総入れ替え。ファーディナンドは、チーム全体の状態を上げるという意味では正解だったと考えているという。

「あまり試合に出ていない選手もいる。オレもだけどね。チーム戦だし、監督は各選手にピッチでプレーする時間を与えたいと思っているんだ」

その一方で、ファーディナンドはレンジャーズの守備を称賛した。「オールド・トラッフォードにやって来るチームの多くは必死に守ろうとするけど、結局オレらはそれを破る。今日はそれができなかった。彼らはチームとしてよく

ページ 1 / 2 次へ » 


試合後のコメント

アレックス・ファーガソン監督 「メンバーを落として戦ったとは思わない。7人から8人の選手はチェルシーとのコミュニティーシールドに出場した。試合には勝っておくべきだった」

ライアン・ギグス
「10人に引いて守られると大変だね。敵陣の深いところで少し精細を欠いていた」

クリス・スモーリング「選手にとっては名誉ある大会だし、90分を通じて楽しむことができた」