登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「オーウェンが挙げたボルトン戦のゴールは素晴らしかった。彼の調子は良いし、トレーニングでの動きもこれまでで最高に見えるほど素晴らしい」

―アレックス・ファーガソン監督
29/09/2010  Report by Nick Coppack

信頼を獲得したオーウェン

マイケル・オーウェンはユナイテッドにやって来て以来、最も厚い信頼を勝ち取ろうとしている。

リヴァプール、レアル・マドリー、ニューカッスルでプレーし、2009年にユナイテッドに入団したイングランド人ストライカーは、2001年にバロンドールを受賞している。

そんなオーウェンも30歳を迎え、ユナイテッドではベンチを温める時間がほとんどで、ユナイテッドでは通算37試合中24試合が途中出場だ。だからと言ってアレックス・ファーガソン監督からの信頼が薄いわけではない。出場機会が少なくともきっちりとコンディションを整えているオーウェンについて、監督はこう語っている。

「オーウェンは傑出したフットボーラーであり、彼の加入によってチーム力は確実に向上した」

ボルトン戦では途中出場すると、すぐにゴールを挙げてチームを敗戦から救ったオーウェン。

「ボルトン戦のゴールは素晴らしかった」と監督も絶賛だ。「彼の調子は良いし、トレーニングでの動きもこれまでで最高に見えるほど素晴らしい」

【関連記事】
ボルトン 2-2 ユナイテッド