登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

16/09/2010  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

チームに発破をかける監督

今シーズンのユナイテッドは無敗とはいえ、フルアム戦、エヴァートン戦では終盤の失点で同点に追いつかれ、チャンピオンズリーグのレンジャーズ戦では終始守勢に回った相手の守りを最後まで崩せず、フラストレーションが溜まる試合が続いている。

そんな中、アレックス・ファーガソン監督は、勝利を手にできるときはしっかり勝ち点3を獲得しなければならず、19日にリヴァプールをホームに迎えるプレミアリーグの一戦は重要になると話した。

「日曜日(19日)はビッグゲームになる。残念な結果に終わったエヴァートン戦から、選手たちは学ばなくてはならない。あのような試合は絶対に繰り返してはいけないんだ」

エヴァートン戦は4-5-1、レンジャーズ戦は4-4-2で戦ったが、ユナイテッドの指揮官は「リヴァプール戦ではどのシステムが最適か、分析する必要がある」と続けた。「ただし、調子の良い選手はいるので、それほど難しいことではない」

「(ウェイン・)ルーニーとリオ(・ファーディナンド)が戻って来たのは心強い。リオはしばらく戦列を離れており、とにかく試合に出たことが重要だった」

ライアン・ギグスもリヴァプール戦に勝って弾みをつけたいとし、次のように述べた。「ファンも選手も気合いが入っている。ビッグゲームだからね。常にタフな試合になるけど、いい試合をして、勝ちたいね」

ページ 1 / 2 次へ »