登録
ようこそ 
登録情報を変更する




サッカーニュース

16 October 2010  Report by Ben Hibbs

ユナイテッド 2-2 ウェスト・ブロム

ユナイテッドは16日のプレミアリーグでウェスト・ブロムウィッチをホームに迎え、2点のリードを守りきれずに2-2で引き分けた。

※写真をクリックして、ウェスト・ブロムウィッチ戦のギャラリーを見よう!

16日のプレミアリーグでウェスト・ブロムウィッチをホームに迎えたユナイテッドは、2点のリードを奪いながらも守備陣のミスにつけ込まれ、またしても勝ち点2を取りこぼした。

ユナイテッドは開始5分、ナーニのFKのこぼれ球をハビエル・エルナンデスが押し込み先制すると、試合の主導権を掌握。25分にはナーニがネットを揺らし、早くも2-0とリードを広げた。しかし、後半開始早々には一瞬の隙を突かれ、ウェスト・ブロムウィッチに5分間で2点を奪い返されてしまう。その後は切り札のウェイン・ルーニーを送り込むなど猛攻を仕掛けたが、結局勝ち越すことができなかった。

ここのところマスコミの注目を集めているルーニーをベンチに温存したアレックス・ファーガソン監督は、好調ディミタール・ベルバトフとエルナンデスのコンビを前線に起用。この決断はキックオフ直後に実を結び、GKスコット・カーソンにはじかれたナーニのFKにチチャリートが詰めて均衡を破る。この試合がリーグ戦初先発となったチチャリートは、ホーム初ゴールで監督の期待に応えてみせた。

ユナイテッドは不用意にボールを失うことがあったものの、攻撃では惜しい場面を何度もつくる。ベルバトフが15分にミドルシュートでゴールに迫ると、先制点を決めて勢いに乗るチチャリートもウェスト・ブロムウィッチ守備陣に脅威を与え続けた。

鋭いパスワークで主導権を握ったユナイテッドは、22分に再びベルバトフが惜しいチャンスを迎える。するとその3分後、ナーニがニッキー・ショーリーからボールを奪い、ベルバトフとのワンツーから鮮やかなシュートを決めて追加点を挙げた。

後半開始直後、3点目を狙うユナイテッドはナーニを中心に攻勢を仕掛けるも、CKからのチャンスを仕留めることができない。対するウェスト・ブロムウィッチは50分、角度のない位置からクリス・ブラントがFKで狙うと、エヴラに当たったボールがオウンゴールとなって1点差。その5分後にはエドウィン・ファン・デル・サールがブラントのクロスをキャッチできず、ファーポストで待つソメン・チョイが押し込んで2-2とした。

ファーガソン監督は70分過ぎ、マイケル・キャリックに代えてポール・スコールズ、アンデルソンに代えてルーニーを相次いで投入し、事態の打開を図る。そして猛攻を仕掛けた終盤、80分にはペナルティーエリア内で間接FKを獲得するも、ナーニのお膳立てからルーニーが狙ったシュートはブロックされた。結局、ユナイテッドは4分間のロスタイムにもネットを揺らすことができず、ホームで手痛いドローに終わった。

2点差をはね返したウェスト・ブロムウィッチの粘りは称賛に値するものの、ユナイテッドは集中力の欠如という今シーズンの課題をいまだに克服できていない上、幸運の女神にも見放されているようだ。

ウェスト・ブロムウィッチ戦の壁紙をダウンロード!

※ 次節以降の試合予定と最新の順位表はこちら
※ あなたが選ぶマン・オブ・ザ・マッチは? 早速、投票しよう!

【注目記事】
アルビストンが逆転可能を主張
過密日程を迎えるユナイテッド