登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

01/11/2010  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

ヴィディッチ「一丸になれた」

ネマニャ・ヴィディッチは自身の活躍を強調することなく、団結した守りでトッテナムを寄せ付けず、ユナイテッドに貴重な勝利をもたらしたチームの守備陣を称賛した。

ユナイテッドはヴィディッチのヘディングで先制すると、終盤にナーニのゴールで突き放したが、際立っていたのは冷静沈着な守備だった。

攻守の両面で活躍したヴィディッチだが、CBコンビを組むリオ・ファーディナンドを持ち上げるなど、チーム全体の努力を強調した。

「無失点で乗り切るのはチームにとって重要なこと」とヴィディッチはMUTVに語った。「今シーズンはいつになく序盤から失点が非常に多かった」

「トッテナムは優れたチーム。最初の20分はプレッシャーを掛けられ、向こうの調子が良さそうだった。僕らはスペースを与え過ぎていた。20分を過ぎてからは落ち着けたと思う。その後は試合を支配できた」

「リオはチームにとって重要な選手だ。経験も能力もあるし、それは今に始まったことじゃない。今日はチームとしていいサッカーができたと思う。特に後半、1-0とリードしてからは非常に良かった。1人や2人がよく守っていたというわけじゃなく、一丸となれたね」

ページ 1 / 2 次へ »