登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「8月14日、私はオフィスにいたのだが、ギルがルーニーの代理人から契約更新をしないとの連絡を受けたと聞いた。お互い信じられなかったよ」

─ アレックス・ファーガソン監督

20/10/2010 
ページ 1 / 3 次へ » 

監督「ルーニーが移籍を希望」

アレックス・ファーガソン監督が、ウェイン・ルーニーの去就に関してMUTVの独占インタビューに答えた。

ルーニーはけがをしていたのですか?
そうだ。精密検査をした結果、練習は可能ではあるが、まだけがの影響を引きずっていることが判明した。彼がけがをしていないと言っていた理由は、君たちで予想してくれ。とても残念だよ。サンダーランド戦では休息を与え、代表戦へのコンディションを整えられるよう配慮したんだ。ウェンブリーで行われる代表戦に出場すれば、調子が戻ってくれるんじゃないかと思ってね。それなのに、彼がなぜそんなことを言い出したのか見当がつかない。

ルーニーと口論があったのですか?
口論をしたことはない。本当だ。このような選手がクラブから離れたいと思う理由を理解しなければならない。監督と不仲になったと言うのは簡単だが、それ以外の理由もあるだろう。

契約の更新を拒んでいると聞いています。現在の契約交渉の状況を教えてください。
契約更新を拒否しているのは事実だ。デイヴィッド・ギル(CEO)がワールドカップ前に、代理人と交渉を始めたのだが、W杯以降もこの交渉は続いた。8月14日、私はオフィスにいたのだが、ギルがルーニーの代理人から契約更新をしないという連絡を受けたと聞いた。お互いに信じられなかったよ。その前月、ルーニーは世界最大のクラブにいて、生涯プレーしたいと言っていたのにだ。何が彼の気持ちを変えたのかはわからないが、我々はショックを受けている。

ルーニー本人と話をしたが、彼は代理人が言っていたことを強調した。クラブを離れたいとね。私は言ったよ。「一つだけ覚えておくように。クラブをリスペクトするべきだ」。意味不明なことはいらない、クラブを尊重することだとね。現在、マスコミで報じられている内容はとても残念だ。なぜなら、我々はルーニーのために、出来る限りのことをやってきたからだ。彼がこのクラブに来た瞬間からだ。何か問題が起きた時はアドバイスを与えてきた。経済的な問題も何度もアドバイスしたよ。でも、それはウェイン・ルーニーだけではなく、どの選手に対してもそうするものだ。それが、マンチェスター・ユナイテッドだ。このクラブは、歴史と伝統に基づいた忠誠心を求められ、監督と選手とクラブは信頼関係にある。それは、サー・マット・バスビーの頃から変わらない。それが、ユナイテッドの礎なんだ。ルーニーはこの伝統に助けられた。ライアン・ギグスやポール・スコールズがかつてそうであったようにね。

ページ 1 / 3 次へ »