登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

27/10/2010  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

パク「決勝点を信じていた」

26日に行われたカーリングカップのウルヴス戦でユナイテッドは、2度のリードを奪いながら、76分に2-2の同点に追いつかれ、試合はそのままドローに終わるかと思われた。

しかしパク・チソンは、必ず決勝点を奪えると信じていたと話し、実際89分にハビエル・エルナンデスがゴールネットを揺らし、チームをベスト8進出に導いた。

「2点目を奪われたとき、まだ時間は残っているし、みんなまだ決勝点は奪えると信じていたはずだよ」とパクはMUTVにコメント。

「僕たちは常にゴールを奪えると自信を持っているのさ。エルナンデスが途中から入ってきたとき、彼なら得点を挙げてくれるとみんな思っただろう。ゴールをマークするのは、彼にとっても、チームにとっても重要だから、この調子をキープしていって欲しいよ」

その一方でパク自身も後半にチーム2点目のゴールを挙げた。「前半のプレーは悪くなかったが、得点は奪えなかった」とパクは続けた。

「ハーフタイムにもっと前線で集中しなければいけないと話し合ったのさ。その効果があったのか、後半は攻撃に勢いが出て、ゴールを決めることができた。僕自身にとってはカーリングカップで2試合連続の得点だ。どんな大会であろうと、ゴールを奪うのは嬉しいものさ」

ページ 1 / 2 次へ »