登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

18/09/2012  Report by Ben Hibbs

勢いに乗るエルナンデス

ユナイテッドは30日のトッテナム戦でストライカーのウェイン・ルーニーとマイケル・オーウェンを負傷で起用できない。しかし、好調のディミタール・ベルバトフに加え、勢いに乗っているハビエル・エルナンデスに注目が集まっている。

チチャリートは今シーズン、6ゴールを挙げており、そのうちの4ゴールはここ4試合で奪っており、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだ。

アレックス・ファーガソン監督も「我々全員が彼のゴールを期待している。クラブにかかわる者全てが彼の活躍に興奮しているんだ」とチチャリートを絶賛した。「トレーニングも謙虚にこなしている。自分自身を見失わず、しっかりと地に足をつけており、成功するために必要なものを全部持っているんだ」

「彼が活躍していることにはとくに驚いていない。しっかりと調べ上げて、ユナイテッドに迎えたわけだからね。トレーニング、プレシーズンでのプレーを見て、問題なくやっていけると確信した。メキシコからやって来たばかりの若者が違う文化の土地に馴染むのは簡単ではない。だが、彼は英語を話せる。これはとても重要だったね。それに何よりもピッチで結果を残す。カーリングカップで決勝ゴールを決めたように、一流のゴールゲッターだ」

上り調子なのはエルナンデスだけではない。ユナイテッドも3連勝で勢いに乗りつつある。監督はこう続けた。「ストーク戦の勝利は重要だった。試合終盤に追いつかれ、それでもそこから良いプレーで巻き返して勝ち越した。そういう勝負強さはチームに勢いをもたらすし、ファンにも満足してもらえるものだ。あの勝利でユナイテッドは勢いに乗るだろう」

【関連記事】
ルーニー、ダービーも欠場の見込み
ユナイテッド 3-2 ウルブス