登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

16/10/2010  Report by Ben Hibbs

監督「2-0は危険なスコア」

ユナイテッドがウェスト・ブロムウィッチを2点リードしながらも追いつかれて試合を2-2のドローで終えると、アレックス・ファーガソン監督は前半に決着をつけられなかったことを悔やんだ。

ファーガソン監督は同点ゴールにつながった守護神エドウィン・ファン・デル・サールのミスを責めるより、前半に勝負を決めるチャンスが何度もあった点を強調した。

「前半の出来は素晴らしかった。それだけに、問題はそこで試合を決めきれなかったことだ」と指揮官はMUTVに語った。「ハーフタイムで5-0としておくべきところが、2-0にとどまった。このスコアでは安心できない」

「エヴァートンとのアウェー戦でも5、6点、フルアムとのアウェー戦でも3、4点とれたはずだった。それができずに勝ち点を落としている。この結果が最終的な順位を決定的に左右するというわけではないが、いつまでもこんなことを続けていられない。2-0というのは決して立派なスコアではない。1点失えば相手を勢いづかせることになるわけだから。1-0の方がマシだといつも思っているよ。集中を保てるし、2点目を狙いに行くからね」

ページ 1 / 2 次へ » 


不安が的中

「前半の出来は素晴らしかった。それだけに、問題はそこで試合を決めきれなかったことだ。ハーフタイムで5-0としておくべきところが、2-0にとどまった。このスコアでは安心できない」

― アレックス・ファーガソン監督