登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

18/11/2010  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

代表戦に臨んだユナイテッド各選手

16、17日に行われた国際親善試合では、ユナイテッドの選手も各国代表として戦った。中でも活躍が目立ったのはナーニとフェデリコ・マケーダだった。

ポルトガル代表のナーニは17日に行われた世界王者スペインとの試合で88分間プレー。ポルトガルの4-0の快勝に貢献した。イタリアU-21代表のフェデリコ・マケーダはトルコ戦に出場し、2ゴールの活躍で、チームを2-1の勝利に導いた。

ウェンブリーにフランスを迎えたイングランドは、1-2で惜しくも敗れた。代表初選出のクリス・スモーリングは出場機会がなく、デビューはおあずけとなった。リオ・ファーディナンドはハーフタイムにハムストリングの痛みを訴え、後半から交代。この件についてファーディナンドは自身のツイッターで「心配ない。交代は最初から予定していたことだ」としている。

セルビア代表のネマニャ・ヴィディッチはブルガリア戦に66分間出場し、チームは1-0で勝利した。スコットランド代表のダレン・フレッチャーもアイスランド戦に出場。後半で交代となったが、チームは3-0で完勝した。

フランスU-21代表のガブリエル・オベルタンは、16日に行われたロシアとの試合に前半のみ出場。チームは0-1で惜敗した。ノルウェーU-21代表のマグナス・エイクラムはセルビア戦でベンチに入るも出場機会を得られず、チームは2-3で敗れた。

ページ 1 / 2 次へ »