登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

02/05/2010  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

エドウィン、リヴァプールを責めず

ユナイテッドは勝利を収めたものの、チェルシーも勝ったため2位のまま最終節を迎えることになった。しかし、エドウィン・ファン・デル・サールはチェルシーに負けたリヴァプールを責めることなく、今首位に立てていないのはシーズン全体の積み重ねの結果だと認めた。

チェルシーにとってアンフィールド遠征は最大の難関とみなされていた。だが、ユナイテッドの期待もむなしく、試合はあっけなくアウェイチームの快勝に終わった。

「希望は持っても、本気で期待なんてしないものだよ」とファン・デル・サールはMUTVに語った。「リヴァプールがいくら奮闘したところで、彼らにとって散々な2週間になっていたと思うよ。試合が多かったし、負傷者も数人出ていたからね」

「僕らがタイトルをとれないとしても、それは彼らのせいじゃないよ。シーズンの中で起きたことの一つにすぎないんだから。僕らがチャンスを逃した一方で、チェルシーがものにしたという面もあった。特にここ数週間ではね」

チェルシーの快勝という結果が試合に悪影響を及ぼしかねなかったが、ユナイテッドはアウェイ戦を支配してサンダーランドに勝利。優勝争いの決着を最終節にもつれ込ませた。

チームの守護神は、メンバーはチェルシーの取りこぼしを期待していなかったと言う。それでも、スタンフォード・ブリッジで行われる9日の試合でのウィガンの大番狂わせに、わずかな望みを抱いている。

ページ 1 / 2 次へ »