登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

17/05/2010  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

監督、W杯での代表組の活躍に期待

アレックス・ファーガソン監督は、ユナイテッドの選手が来月のワールドカップでも活躍することを願っていると語った。

ユナイテッドからは、ウェイン・ルーニー、リオ・ファーディナンド、マイケル・カリック(以上イングランド)、パトリス・エヴラ(フランス)、ネマニャ・ヴィディッチ、ゾラン・トシッチ(セルビア)、ナーニ(ポルトガル)、パク・チソン(韓国)、新加入のチチャリート(メキシコ)という9選手を南アフリカに送り出す可能性が高い。

それぞれの成長と奮起に期待するファーガソン監督は次のように語った。「うちの選手には活躍してもらいたいね。彼らの勝利は自分のことのようにうれしいし、クラブの誰もが誇りに感じるはずだ。全員が良いプレーを見せてくれるに違いない。彼らには、ベストを尽くして何かを成し遂げた気持ちで帰ってこいと伝えてある。(W杯はサッカー界)最大の大会だからね」

ユナイテッドでは他にオーウェン・ハーグリーヴスとガリー・ネヴィルの南アフリカ行きが噂されたが落選。ポール・スコールズは実際にイングランド代表入りを打診されたが、これを断った。

「オーウェンはまだ実戦感覚を取り戻せていない。現時点での招集は早過ぎるし難しいだろう」とファーガソン監督は述べた。「ガリーは代表の常連だったが、ここ数年、故障に苦しんでいたことをファビオ(・カペッロ監督)も考慮したはずだ」

ページ 1 / 2 次へ »