登録
ようこそ 
登録情報を変更する




サッカーニュース

14 March 2010  Report by Steve Bartram

ユナイテッド 3-0 フルアム

ユナイテッドはオールド・トラッフォードでロイ・ホジソン率いるフルアムから勝利を挙げ、プレミアリーグで暫定首位の座に再び浮上した。

ウェイン・ルーニーが後半にシーズン通算31ゴール目と32ゴール目を叩き込んだ。さらに、ディミタール・ベルバトフが試合終了間際に至近距離からのヘディングシュートを叩き込み、ユナイテッドに3点目がもたらされた。

前半のユナイテッドは大半の時間でボールを保持していたが、守備に人数を割いて粘り強い対応を見せるフルアムを相手にゴールを割ることができなかった。

対戦相手のフルアムも、クリント・デンプシーとボビー・ザモラがゴールに迫ってきたが、ユナイテッドを脅かすほどのものではなかった。

ミランに圧勝した4-5-1のシステムから、アレックス・ファーガソン監督はユナイテッドの伝統的な4-4-2のシステムへと変更した。ベルバトフがパク・チソンに代わって出場し、ポール・スコールズの代わりには出場停止明けのマイケル・カリックが名を連ねた。

フルアムはプレミアリーグでの直近の5試合でわずかに1失点と強固な守備を築いている。ユナイテッドもフルアムからチャンスを作り出すのに時間を要した。ベルバトフの絶妙なパスをダレン・フレッチャーが受け、すかさず中へ折り返した。これをルーニーが合わせにかかるがスティーヴン・ケリーの果敢なブロックの前にシュートは打てなかった。

14分、フルアムはデンプシーがミドルシュートを放つが、枠の上へ外れる。さらにゾルタン・ゲラのシュートはガリー・ネヴィルに当たってCKに。

ナーニとベルバトフが前半のユナイテッドの攻撃をけん引。25分にはその2人がチャンスを演出する。ナーニのクロスにベルバトフがヘッドで合わせた。これは惜しくも枠の上へと外れる。ここまでセーブシーンがなかったマーク・シュウォーツァーだったが、30分にルーニーのシュートをファインセーブする。

ユナイテッドの圧力が徐々に高まっていったが、フルアムもダニー・マーフィーのパスからザモラが素晴らしいボレーに持ち込み、ユナイテッドをひやりとさせた。

後半からホジソン監督はサイモン・デイヴィスに代えてダミアン・ダフを投入。しかし、ダフは自らの存在感を示す前に、ユナイテッドのゴールを目撃することになる。

後半開始1分、ルーニーがナーニへとパスを送ると、ナーニのクロスはフルアム守備陣の間を縫ってルーニーのもとへ。ルーニーは冷静にゴールに流し込み、シーズン通算31ゴール目を挙げた。

その後、ルーニーとナーニにゴールチャンスが訪れるが、フルアム守備陣の前にゴールならず。66分には、CKからリオ・ファーディナンドがボレーで合わせるが、シュートはわずかに枠の上を超えていった。

ファーディナンドとセンターバックでコンビを組んだネマニャ・ヴィディッチは残り20分に再び集中しなくてはならなかった。なんでもないボールからザモラが抜け出すが、素早く戻ったヴィディッチはザモラのシュートを素晴らしいディフェンスで防ぎきった。

ページ 1 / 2 次へ »