登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

アレックス・ファーガソン監督はルーニーについて次のように話した。
「明日まで待って、彼の足首の経過を見守らなければならない。幸いなことにそれほど深刻ではないようだ。土曜日のチェルシー戦は難しいかもしれないが、詳しいことはわからない。話すのはまだ早すぎるよ。明日まで待たなくてはね」

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

31 March 2010  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

ルーニーのけがの状態は?

バイエルン戦での2-1で敗北の瞬間に足首を痛めたウェイン・ルーニーは、松葉杖をつきながらアリアンツ・アレーナを後にした。

足を引きずりながらピッチを去るルーニーの姿は、世界中のユナイテッドファンを不安にさせたただろう。ユナイテッドは数日後にチェルシー戦、一週間後には第2戦を控えているのだから。しかし、アレックス・ファーガソン監督はケガの程度について語るのは、時期尚早だと思っている。

「明日までは待って、彼の足首の経過を見守らなければならない。幸いなことにそれほど深刻ではないようだ。土曜日のチェルシー戦は難しいかもしれないが、詳しいことはわからないが、話すのはまだ早すぎる。明日まで待とう」

ルーニーはチームとともにバスでアリアンツ・アレーナからは去らず、右足を固定しながら、セキュリティスタッフとともにスタジアムを去った。

チームと共にニック・コパックもミュンヘンに残っているので、ルーニーに関する続報が入り次第、新たな情報を発信する。

ページ 1 / 2 次へ »