登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

09/03/2010  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 3 次へ » 

CL優勝を狙うエドウィン

ユナイテッドは10日に行われるチャンピンズリーグ決勝トーナメント1回戦の第2戦で、ミランと対戦する。エドウィン・ファン・デル・サールは、この試合がヨーロッパでの栄光のスタートとなることを願っている。

ミランはユナイテッドにとって、恐れるべき存在だ。ユナイテッドとミランは過去、4度に渡ってヨーロッパの大会で対戦したが、勝ち上がったのはいずれもミランだったという過去があるのだ。

その4度の対戦のうち1度は、ファン・デル・サールがゴールを守っていた時に行われたものだ。ファン・デル・サールが正GKを務めていた2007年のチャンピオンズリーグ準決勝では、オールド・トラッフォードで行われた第1戦をユナイテッドが3-2で制したものの、サン・シーロでの第2戦は0-3でミランに完敗した。

ファン・デル・サールは、ManUtd.jpに対して以下のように語った。「今回はミランのホームではないけど、私たちは準決勝で敗退した数年前と同じことを繰り返したくないと思っている」

「あの時は、ミランはオールド・トラッフォードで素晴らしいプレーを見せた。私たちが3-2で勝ったが、カカーに2点決められてしまった。そして、サン・シーロでは、クラレンス・セードルフのパフォーマンスが信じられないものだった。彼は2戦とも素晴らしいプレーを披露していたよ。ただ今回は、私たちがミラノで良い結果を得た。私たちに必要なのは、オールド・トラッフォードでの魔法のような夜を、きちんと終えることだけだ」

ページ 1 / 3 次へ »