登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

31/03/2010  Report by Matt Nichols

監督が敗北を認める

バイエルン戦の敗北の後、アレックス・ファーガソン監督はユナイテッドが自分たちのプレーを改善する必要があることを認めた。

アリアンツ・アレーナで行われた試合では、前半2分にウェイン・ルーニーがゴールを奪ったものの、バイエルンのプレッシャーに押され、フランク・リベリーの壁に当ったフリーキックとイヴィツァ・オリッチのゴールで逆転負けを喫してしまった。

ファーガソン監督は、今日の選手たちは決して良いプレーができておらず、自滅に近い形で敗れてしまったと語った。

「満足のいくプレーではなかったね」と、ファーガソン監督は語った。「近年の試合ではボールポゼッションというのは非常に重要だが、今日の我々はそれが十分にできなかった。その結果、敗北を喫することになってしまった。残念なパフォーマンスだったよ」

自チームの選手たちを批判する一方で、ファーガソン監督は相手チームに賛辞を送った。

「バイエルンは良いチームだ。それについては何の不満もないよ。彼らは絶えずボールにプレッシャーをかけていた

ページ 1 / 3 次へ » 


 「近年の試合ではボールポゼッションというのは非常に重要だが、今日の我々はそれが十分にできなかった。その結果、敗北を喫することになってしまったね。残念なパフォーマンスだった。バイエルンは良いチームだ。それについては、何の不満もないよ」
― アレックス・ファーガソン監督