登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

21/06/2010  Report by Steve Bartram

チチャリート、母国を勝利に導く

ユナイテッドの新戦力ハビエル・エルナンデスが、17日のワールドカップ・グループAのフランス戦でメキシコの先制点を挙げ、チームの2-0の勝利に大きく貢献した。

後半10分から交代出場した“チチャリート”は、その9分後にフランスのオフサイドトラップを破って抜け出し、GKウーゴ・ロリスをかわしてゴールを決めた。

メキシコはその後、クアウテモク・ブランコのPKで2-0とし、そのまま勝利した。22日のグループリーグ最終戦のウルグアイ戦で勝ち点1を挙げれば、決勝トーナメント進出が決定する。

一方、グループBではパク・チソン擁する韓国がアルゼンチンに1-4で敗れ、ナイジェリアに2-1で逆転勝利したギリシャと勝ち点合計3で並んだ。しかし、総得点数でギリシャを上回る韓国が2位につけている。韓国にとってグループリーグ最終戦となるナイジェリア戦は22日(日本時間23日3:30)キックオフ予定。

【関連記事】
W杯ブログ:イングランド
W杯で新戦力を発掘しよう
メキシコ人はユナイテッドを歓迎