登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/07/2010  Report by Nick Coppack

様変わりしたプレシーズンの練習

ランニングが中心だったプレシーズンのトレーニングは、ここ数日の間にボールを使ったものへと移行しているが、ポール・スコールズは決して楽になったわけではないと語った。

「年齢を重ねてくると、トレーニングも大変になるんだ」と35歳のベテランMFはMUTVに語った。「しかもアメリカは気温が高いから参ってるよ(笑)」

アレックス・ファーガソン監督によると、以前はプレシーズンの練習で長距離走を行っていたが、最近では長くても200メートルのスプリントしかやらないという。理由はスポーツサイエンスが発達したからだが、たしかに試合で短い距離を走ることが多いサッカーでは、長距離走に力を入れるより、スプリントを強化した方が理にかなっていると言えるかもしれない。

「プレシーズンのランニングは昔ほど多くはやっていない。僕が若手だった頃は、1週間から10日はボールに触らせてもらえなかったものさ。だけど今は初日のトレーニングからボールを蹴っているから、随分と変わったね」

「心拍数を計測する装置を身に付けているから、コーチ陣がそれをチェックしながら、身体に過度な負担をかけない

ページ 1 / 2 次へ » 


変化

プレシーズンのトレーニング内容も昔とは随分と様変わりしたようである。

「僕が若手だった頃は、1週間から10日はボールに触らせてもらえなかったものさ。けど今は初日のトレーニングからボールを蹴っているので、随分と変わったものだよ」
─ ポール・スコールズ