登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「戻ってこれて、本当に嬉しいよ。僕にとって、今シーズン最初の試合だからね。もちろん、やるべきことはまだまだあるけど、復帰できて最高の気分だ 」
― ナーニ
18/09/2012  Report by Nick Coppack

復帰を喜ぶナーニ

ユナイテッドが誇る魔術師ナーニが、ピッチに戻ってきた。カンザスシティー・ウィザーズとの親善試合では、久しぶりにそのトリッキーな動きを見せた。

ユナイテッドのプレシーズンマッチ第3戦目。ナーニは鎖骨骨折から、わずか7週間で試合に復帰した。改修されたばかりのアローヘッド・スタジアムで、68分までプレーしたが、ミズーリの強烈な暑さにエネルギーを奪われ、ついマンチェスターの気候を恋しく思ったと告白する。

「あの天気のもとでプレーするのは大変だったよ」と23歳のウインガーはMUTVのに話した。「でも戻ってこれて、本当に嬉しい。僕にとって、今シーズン最初の試合だからね。もちろん、やるべきことはまだまだあるけど、復帰できて最高だ」

「でも、おかしいもので、イングランドにいるときは、いつも雨や寒さを嘆いているのに、今度はあの気候を懐かしむなんてね」

アメリカの熱い夏はまだ終わらない。ユナイテッドが、ヒューストン、グアダラハラと進路を取り、MLS選抜やメキシコのチバスと対戦していけば、さらなる熱気が巻き起こるだろう。

「ワールドカップに出場できなかった時は、本当につらかった」と、鎖骨骨折で南アフリカ大会を棒に振ったナーニは告白する。「でも自分自身にこう言い続けたんだ。『次のシーズンを待とう。また、多くのゴールを奪って、ファンの声援を感じられるように』ってね」

「だから今は本当に嬉しい。できるだけ早く調子を上げて、最高のシーズンにしたい」

【関連記事】
カンザスシティー 2-1 ユナイテッド