登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「今晩のMLS選抜戦ではシステムを少し変更し、4-3-3で戦ったけど、それがうまく機能したと思う。みんなカンザスシティーに負けたあとだったので、絶対に勝つという気持ちでこの試合に臨んだんだ」
─ エドウィン・ファン・デル・サール
29/07/2010  Report by Gemma Thompson in Houston

ファン・デル・サール、快勝に満足

エドウィン・ファン・デル・サールが、カンザスシティーに敗れたショックを引きずることなく、28日のMLS選抜戦に5-2で快勝したことは重要だと語った。

「カンザスシティー戦では、結果にも内容にも落胆していたんだ」とユナイテッドの守護神はManUtd.comにコメント。「相手は10人になって、チャンスもたくさん作ったのに、同点ゴールを奪えなかった」

「今晩のMLS選抜戦ではシステムを少し変更し、4-3-3で戦ったけど、それがうまく機能したと思う。みんなカンザスシティーに負けたあとだったので、絶対に勝つという気持ちでこの試合に臨んだんだ。結果を残せて満足しているよ」

また、この試合でデビューを果たし、初ゴールをマークしたハビエル・“チチャリート”・エルナンデスについては、「エルナンデスが早速得点を挙げたことは嬉しく思っているよ」と続けた。

「キレのある動きを見せていたし、ゴールに対する素晴らしい嗅覚を持っている。得点を決める直前の最初のチャンスを見ただけで、才能を持っていることがよく分かったよ。もちろんゴール自体も見事なものだったけどね」

【関連記事】
MLS選抜 2-5 ユナイテッド
チチャリート、最高のデビュー飾る