登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「確かにクリスチアーノ・ロナウドは素晴らしい選手だった。彼の放出はユナイテッドにとって大きな出来事だった。だが、我々は彼がいない状況に上手く対応できていると思う」

― アレックス・ファーガソン監督

02/01/2010  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

ロナウド放出の影響なし

2009年の夏、ユナイテッドはクリスチアーノ・ロナウドという稀代の名プレーヤーを放出した。しかし、アレックス・ファーガソン監督はその影響をほとんど感じていないと語っている。

この夏、ロナウドは世界最高額の移籍金でレアル・マドリーへと旅立っていった。彼はユナイテッドに多くの栄光をもたらしたため、多くの評論家が今シーズンのユナイテッドの行く末を案じていた。

しかしながらユナイテッドは、現段階でプレミアリーグを含めた4つの大会で素晴らしい結果を残している。監督は、ロナウドが去ったことで、選手それぞれが彼の穴を埋めようと懸命なプレーを見せてくれていると感じているようだ。

「ロナウドが去った後の騒ぎは主にメディアが作り出したものだ」と、監督は言った。「多くのメディアは、ロナウドを放出したことはユナイテッドにとって致命傷になりかねないと騒ぎたてていた。だが、昨年の同時期のリーグ戦の成績と比べてみても、わずかに勝ち点1の差しかない」

「確かにクリスチアーノ・ロナウドは素晴らしい選手だった。ロナウドの放出はユナイテッドにとって大きな出来事だった。だが、我々はロナウドがいない状況に上手く対応できていると思う」

「昨シーズン、ロナウドは多くのゴールをユナイテッドのために決めてくれたが、今シーズンはそれを当てにすることはできない。だが、その問題も改善できるものだと確信している。得点力が落ちることはあらかじめわかっていた。それで、我々はシーズン当初からMFの選手たちにゴールをより意識するように指示を出していたんだ。ここにきて、その効果が表れていると思う」

今夏に獲得したアントニオ・バレンシアはユナイテッドに馴染み、監督からも賞賛されている。

ページ 1 / 2 次へ »