登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

17/01/2010  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 3 次へ » 

監督がオーウェンを起用を語る

ここ最近、マイケル・オーウェンの出場機会は制限されていた。しかし、アレックス・ファーガソン監督は、ユナイテッドの7番であるオーウェンに輝きを放つためのチャンスを与えることを約束した。

12月19日にクレイヴン・コテージでフルアムと戦ったリーグ戦で0-3の敗北を喫してから、直近の4試合でオーウェンはリーズに0-1で敗れたFAカップで試合終盤に21分間の顔見せをしただけに止まっている。

「正直に言って、私はオーウェンをここ数試合起用していない」とファーガソン監督は認めた。

「彼は出場機会を求めている。そして、我々はその問題を解決するつもりだよ。彼がトレーニングで見せているパフォーマンスは、非常に素晴らしい。そのことについて、私は問題を抱えていない。ストライカーをチームに溶け込ませなくてはならないんだ。バーミンガム戦のように、1トップで戦うことがあるのは、素晴らしいMFを保有している我々にとって好都合だからなんだ。これは選択の問題だね。オーウェンをプランから外しているわけではない。彼はチームの一員だ」

またファーガソン監督は、バーミンガム戦で経験豊富なオーウェンではなく、マメ・ビラム・ディウフに出場機会を与えるという彼の決定について説明した。

「私はチャンピオンズリーグに向けて、1月末までに25人の選手を絞りこまなくてはならない。私はディウフの特性を把握する必要があったんだ。彼はクラブに加入したばかりだが、トレーニングで上手くやっていた。バーミンガム戦は、彼がどのようにチームに溶け込むかを見る良い機会だった。だが、残念ながら彼がフィールドに入ってからたった2分で

ページ 1 / 3 次へ »