登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

07/06/2013  Report by Ben Hibbs

照準はアーセナル戦へ

カーリングカップ準決勝でユナイテッドは、劇的な形でマンチェスター・シティーを下して2月28日にウェンブリーで行われる決勝へ駒を進めた。しかし、選手たちは1月31日に行われるプレミアリーグのアーセナル戦へすでに気持ちを切り替えている。

ウェイン・ルーニーはシティー戦でロスタイムにゴールを挙げて、ユナイテッドをアストン・ヴィラが待つ決勝に導いた。しかし、よりプライオリティーの高いリーグ戦、チャンピオンズリーグでの成功を収められなければ、意味がないと皆が考えている。

「決勝が近づいてきたら、またカーリングカップのことを考える」と、アレックス・ファーガソン監督は語った。「これからリーグ戦とチャンピオンズリーグで重要な試合が控えている。エミレーツで行われるアーセナル戦は我々にとってビッグゲームだ。この試合では絶対に勝利する必要がある」

アーセナルはアストン・ヴィラに引き分け、ユナイテッドを順位で上回ることができなかった。一方でチェルシーはバーミンガムに3-0で勝利を収め、首位の座を取り戻している。シティーとの激戦を戦ったユナイテッドだが、問題なく31日のアーセナル戦へ切り替えを図ることができると、選手たちは主張する。

ページ 1 / 2 次へ » 


照準はアーセナル戦へ

「ユナイテッドに所属していれば、大事な試合の日程が重なるのは当然だよ。ミッドウィークにカップ戦の準決勝を戦ったとしても、週末に行われるリーグ戦での勝利は義務付けられている。チーム状態は良いし、自分自身も試合を楽しめているよ。今はシティー戦での疲労を取って、アーセナルに勝利するために準備をするまでだ」
― ダレン・フレッチャー