登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「フレッチャーが有害な選手だとは思わない。彼は競争心旺盛な選手なんだ」―サー・アレックス・ファーガソン監督
31/01/2010  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

監督はフレッチを高く評価

日曜日(31日)にアーセナルのエミレーツに乗り込むダレン・フレッチャーは、この試合に向けて人一倍思い入れがある。

それはもちろん、昨シーズンのチャンピオンズリーグ準決勝第2戦でアーセナルと対戦した時、不公平な判定で退場処分を受けているからだ。それによって、フレッチャーはバルセローナとの決勝に出場することができなかった。

さらに今シーズン、ユナイテッドがオールド・トラッフォードで2-1で勝利した際、フレッチャーは正確なタックルを仕掛けたにも関わらず、アルセーヌ・ヴェンゲルに『アンチ・フットボール』と批判された。

だがアレックス・ファーガソン監督は、どちらの事件に関しても、闘志溢れるプレーを見せるフレッチャーがアーセナルとの対戦で煽られることを否定した。

フレッチャーはここ数シーズン、プレミアリーグを代表するMFに成長を遂げた。だが、ファーガソン監督はフレッチャーが有害な選手として評価されていることに異議を唱えた。

「私は彼が有害な選手だとは思わない」と監督は語った。「彼は競争心旺盛な選手なんだ。そして、ファンとメディアはフレッチャーの特性を高く評価している。プレースタイルや手段がスマートであるかどうかということを語ることは誰もできない。彼は泥臭くて、ひょろひょろしているが、素晴らしい選手だよ」

フレッチャーの能力は、今のユナイテッドにかかせないものであり、重要な選手のうちの一人として考えられている。ファーガソン監督はその理由をこう語っている。

「フレッチャーはあらゆる試合でエネルギッシュに動き回ってくれる。彼のスタミナは素晴らしいよ。彼は誰よりも走らなければならない」

ページ 1 / 2 次へ »