登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

13/01/2010  Report by Steve Bartram

出場停止に苛立つフレッチャー

ダレン・フレッチャーは、今週末のプレミアリーグのバーンリー戦を出場停止で欠場することに失望しているが、これからもアグレッシブなプレースタイルを変えるつもりはないと言う。

スコットランド代表MFでもあるフレッチャーは、ドローに終わったバーミンガム戦で2枚のイエローカードを受けた。だが、バーミンガムのキャメロン・ジェロームを倒したことで受けた2枚目のイエローカードは厳しい判定だった。フレッチャーは未だに退場処分の判定が不可解であると考えている。

「バーミンガム戦は納得できないよ。僕は絶えずバーミンガムの選手からファウルを受けていたんだ。そのことについて僕が異議を唱えても、審判は『それが男のゲームだ』と言ったんだ」とフレッチャーはメン・スポーツに語った。「だから僕は激しくプレーした。そうしたら、主審は僕にイエローカードを出したんだよ! その後、僕は何もしていないのに再びイエローカードを出されてしまった」

「どんな理由であも試合は欠場したくはない。出場停止で試合に出られないなんて最悪だよ。ユナイテッドには他にも良いプレーをするMFがいるからね。誰かが僕の代わりに良いプレーを披露すれば僕のポジションが無くなってし

ページ 1 / 3 次へ » 


不満の残る出場停止処分

「どんな理由でも試合は逃したくはないんだ。出場停止で試合に出られないなんて最悪だよ。ユナイテッドには他にも良いプレーをするMFがいるからね。バーミンガム戦は必死にプレーする必要があったから、僕はそうしたんだ。その結果、どうなるかは考えていなかったよ」

― ダレン・フレッチャー