登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

19/01/2010  Report by Ben Hibbs

エヴラ「テベスを止める」

パトリス・エヴラとカルロス・テベスは、イーストランドで行われるカーリングカップの準決勝を前に、メールで冗談を言い合った。ユナイテッドのフランス人左サイドバックは、かつてのチームメイトでもある親友テベスを、自由にさせないと誓っている。

多くのユナイテッドファン同様、エヴラは、ユナイテッド戦でテベスに得点を許すことが耐え難いことであることを認めた。昨年、テベスがオールド・トラッフォードから出て行くことを防ぐために、エヴラは自分の家にテベスを閉じ込めておくと主張していた。そんなエヴラは、青いユニホームを身にまとった友人と再会するのは胸が痛むと語っている。

「とても興奮している」と、エヴラは語った。「カルリートス(テベスのニックネーム)とは毎日メールをしている。彼がブラックバーン戦でハットトリックを達成した時も、祝福のメールを送ったんだ。彼は“これはユナイテッド戦に向けたウォーミングアップだよ”と言っていたね。彼は決勝に進出したがっているんだ。だから僕は“その可能性はないよ!”と言っておいたよ」

「マンチェスター・シティーとの準決勝では、彼に得点させないよう、僕はユナイテッドが4-3で勝利した9月の試合と同じことをするつもりだ。彼はシュートを放ったが

ページ 1 / 3 次へ » 


親友と激突

「カルリートス(テベスのニックネーム)とは毎日メールをしている。彼がブラックバーン戦でハットトリックを達成した時も、祝福のメールを送ったんだ。彼は“これはユナイテッド戦に向けたウォーミングアップだよ”と言っていたね。彼は決勝に進出したがっているんだ。だから僕は“その可能性はないよ!”と言っておいたよ」

― パトリス・エヴラ