登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

19/01/2010  Report by Steve Bartram

エヴァンスの得点理論

ジョニー・エヴァンスは、16日に行われたバーンリー戦を3-0で制した要因に、ストレットフォード・エンドの存在を挙げた。

ユナイテッドは前半、スコアボード・エンドに陣取るバーンリーをペナルティーエリア内に押し込めながら、得点を奪えないというフラストレーションの溜まる試合展開を耐えた。

しかし迎えた後半、ディミタール・ベルバトフとウェイン・ルーニー、マメ・ビラム・ディウフのゴールにより、4連覇を目指す上で重要な勝利を収めることに成功した。

「いつも早い時間帯にゴールを奪うことを目指しているけど、今回は上手くいかなかった」と、エヴァンスはBBCスポーツに語った。「特に前半はチャンスを活かすことができなかった。幸いにも後半には得点が生まれ、僕らは精神的にも少し余裕が持てるようになったんだ」

「僕らにはゴールを決める自信があったよ。ストレットフォード・エンドに向かってプレーする時、何かを感じるんだ。ゴールが生まれそうな予感がするんだ」

事実、統計はエヴァンスの理論を証明している。今シーズン、ユナイテッドはオールド・トラッフォードで35得点を挙げているが、スコアボード・エンドで12得点を挙げ

ページ 1 / 2 次へ » 


「ストレットフォード・エンドに向かってプレーする時、何かを感じるんだ。ゴールが生まれそうな予感がするんだよ」

― ジョニー・エヴァンス