登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「このクラブは、勝利することに慣れている。だから誰もが、タイトル獲得に失敗した時のメンバーとして認識されたくないんだ」
― ジョニー・エヴァンス
26/01/2010  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

タイトルを渇望するエヴァンス

ジョニー・エヴァンスが語るところによれば、数々の栄光に包まれた90年代、2000年代のユナイテッドの栄光が、新たな世代の選手たちの気持ちを高ぶらせているという。

エヴァンスや彼のチームメイトたちは、成功の必要性や、タイトル獲得の常連となったクラブの流れを自分たちの代で絶やしてはならないという決意に駆られている。だがエヴァンスは、リーグ戦で首位に返り咲いたことを喜ぶ一方で、27日に行われるカーリングカップ準決勝第2戦を楽しむことだろう。彼は目の前にまだ難しい試合があることを理解している。

「このクラブにとって、タイトルを何も獲得しない、またはリーグ戦で優勝できないという恐れがあることは、大事なんだ」とエヴァンスは語った。

「選手は、タイトルを勝ち取りたいもの。僕たちは、常に首位でシーズンを終えようとしている」

昨シーズン、エヴァンスはリーグ戦17試合に出場していたため、昨年5月のリーグ優勝決定時には、チャンピオンメダルを初めて受け取った。

彼はトップチームでの経歴を素晴らしい形でスタートさせた。だが、もしかしたらタイトルを獲得するのは昨シーズンが最初で最後かもしれないという―そんなことはあってはならないのだが―考えが彼にはあるため、彼は自身のキャリアが成功したとは言えないことを理解している。

「何も勝ち取らないサッカー人生を送りたくないって、誰もが心の奥底で思っているはずだ」と、エヴァンスは続けた。

「僕は、ここ2シーズンの間にチームに加入した若手のひとりだ。何も勝ち取れなかったチームの一員として、自分のことをファンに記憶されたくないんだよ。このクラブは、勝利することに慣れている。だから誰もが、タイトル獲得に失敗した時のメンバーとし

ページ 1 / 2 次へ »