登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

17/01/2010  Report by Nick Coppack

ディウフの夢のようなデビュー

先日、ユナイテッドはノルウェーのモルデから無名のセンターフォワード獲得した。そして、その補強は成功だったようだ。マム・ビラム・ディウフには、いったいいくらの値がつくことになるのだろう。

オーレ・グンナー・スールシャールと同じように、ディウフがオールド・トラッフォードにやってきたことは、それほど話題には挙がらなかった。しかし、ディウフはバーンリー戦で、デビュー戦でのゴールという形で自らがスールシャールの後継者になれるということを証明して見せた。

73分にルーニーとの交代で出場したディウフはロスタイムのヘディングでのゴールで、チームの3-0の勝利に貢献した。

「オールド・トラッフォードでの初めての試合でゴールできたなんて、最高の気分だよ」と、彼はMUTVに語った。「最初の2、3分は少し緊張したけど、たくさんの観客が見ていることなんてすぐに忘れてしまった。自分の仕事をしようとだけ考えていたんだ」

9日にセント・アンドリュースでデビューしたディウフだったが、その試合でユナイテッドはバーミンガムと1対1の引き分けに終わってしまった。彼は、出場したときには全力を尽くすことを約束している。

「監督に選ばれたときには、いつでもハードワークして全力でプレーする準備はできている」

「新しいチームで全力を尽くしたいし、必要としてくれるときに、そうする準備はできているよ。練習から全力でプレーして、音を上げることなんて絶対にしない。次のチャンスを待つだけさ」

ノルウェーのモデルでは52試合で23ゴールを上げたこ

ページ 1 / 2 次へ » 


「新しいチームで全力を尽くしたいし、必要としてくれるときに、そうする準備はできているよ。練習から全力でプレーして、音を上げることなんて絶対にしない。次のチャンスを待つだけさ」
― マム・ビラム・ディウフ