登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

26/01/2010  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「我々は万全」

アレックス・ファーガソン監督は、27日にオールド・トラッフォードで行われるカーリングカップの準決勝第2戦、マンチェスター・シティー戦を万全の状況で迎えられることを明らかにした。

23日に行われたハル戦をルーニーの4得点で勝利したユナイテッドは、プレミアリーグの首位に浮上。自信に満ちた雰囲気の中で今回の一戦を迎える。チームのフィジカル・コンディションはピークにあり、リオ・ファーディナンドも最終ラインに復帰するなど、チームを取り巻く状況は好転している。

「新たな負傷者はいない」と、監督は語った。「23日のメンバーは全員起用できる。私には、多くの優秀な選手がいる。素晴らしい試合になることはわかっているよ。おそらく、先週の試合よりも良い試合になるだろう。そのための準備は万全であり、これまでの経験が助けとなることを願っている」

監督は、3ヶ月ぶりの復帰を果たしたばかりのファーディナンドを、今回の試合でも最終ラインで起用すべきか、それとも31日に行われるアーセナル戦に向けて温存すべきか、というジレンマに直面するかもしれない。

しかし監督は、最終ラインのメンバーを固定できなかったこの数ヶ月の状況から脱却し、固定したメンバーを起用したいと考えている。「センターバックが復帰したことは、我々が前進する上での重要な要素だ」と、監督は語った。「我々は、チームのメンバーに継続性を与えようとしている。DFに負傷者が続出したことで混乱していた時期もあったが、選手が復帰した今、継続性を与えることが重要になってくる」

ページ 1 / 2 次へ »