登録
ようこそ 
登録情報を変更する




サッカーニュース

06 February 2010  Report by Steve Bartram

ユナイテッド 5-0 ポーツマス

オールド・トラッフォードでポーツマスに圧勝したユナイテッドは、暫定ながら首位に浮上した。

ユナイテッドはウェイン・ルーニー、ディミタール・ベルバトフ、そしてマイケル・カリックがゴールを挙げ、さらにアントニー・ヴァンデン・ボーレ、マーク・ウィルソンのオウンゴールにより最下位のポーツマスに大勝、得失点差を広げることに成功した。

アヴラム・グラント率いるポーツマスは、前半のわずかな時間においてユナイテッドを脅かした。しかし、ユナイテッドは30分の間に5ゴールを叩き込んで、ポーツマスを一蹴して見せた。

ミュンヘンの悲劇から52年経った今日の試合前、犠牲者に対して黙祷が捧げられた。迎えたキックオフ、ユナイテッドは立ち上がりから攻め立て、最初の10分間はほぼポーツマス陣内で展開される。

しかし、ポゼッションで勝るものの、シュートがことごとく相手DFのブロックにあってしまう。そして最初の決定機と言えるシーンは、12分にようやく訪れる。ガリー・ネヴィルのクロスにジョニー・エヴァンスが頭で合わせ、ポーツマスGKのデイヴィッド・ジェイムズは見送るしかなかったが、ボールはわずかに枠を外れる。

すると、今度はポーツマスがユナイテッドゴールを襲う。ユナイテッドのユース出身FWダニー・ウェバーのスルーパスからヴァンデン・ボーレにシュートを打たれた。しかし、これはエドウィン・ファン・デル・サールのセーブによって失点を逃れる。

ポーツマスはリチャード・ヒューズがディフェンスラインの前で素晴らしい守備を見せ、さらに前線への配給でも存在感を見せた。

ユナイテッドが攻め続ける時間帯が長かったが、34分にポーツマスがカウンターからゴールに近づく。ユナイテッドのDF3人に対し、ポーツマスのアタッカーが4人という状況に陥った。そしてナディル・ベルハジのシュートがユナイテッドゴールを襲うも、エヴァンスがゴールライン上でクリアした。

この直後、ネヴィルがオーバーラップを仕掛け、ペナルティエリア内に侵入。クロスを送り、ベルバトフがシュートに持ち込んだが、ボールは枠を外れ、均衡は破れず。

チャンスを逸したユナイテッドだったが、前半終了5分前にゴールを決める。ショートコーナーからダレン・フレッチャーが完璧なクロスを放り込むと、ルーニーが頭で合わせてネットを揺らした。このゴールで精神的に解放されたユナイテッドは、ハーフタイムに入る前にもう一つのゴールを決める。

通常の右サイドではなく左サイドでプレーしながら、ここ数試合の好調さをキープしていたナーニが中へクロスを送ると、これがヴァンデン・ボーレに当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。

後半に入ってもユナイテッドがペースを握り続けると、59分にマイケル・カリックのミドルシュートがヒューズに当たってコースが変わり、3点目が生まれた。

さらに62分には、ベルバトフが敵陣でボールをキープし、ペナルティエリア外からシュートを放つと、これもゴールに吸い込まれユナイテッドに4点目が入る。

このプレーがベルバトフにとって、最後の仕事だった。ベルバトフは得点後にマメ・ビラム・ディウフと交代。ユナイテッドはベルバトフ以外にもルーニーとフレッチャーを下げて、マイケル・オーウェン、ダロン・ギブソンを投入し、3選手を同時に変えた。

ページ 1 / 2 次へ »