登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

10/02/2010  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

リオが訴えを取り下げる

リオ・ファーディナンドは、FA(イングランドサッカー協会)が科した4試合の出場停止処分に対しての訴えを、取り下げることにした。

FAは次のような声明を発表した。「FAは、マンチェスター・ユナイテッドのリオ・ファーディナンドの訴えを取り下げたいという要望を受け入れた。ファーディナンドは1月23日に行われたハル戦での危険行為で、独立規制委員会によって出場停止処分を科されていた。しかし、これを不服として上訴した結果、1月28日の新たな裁定では、ファーディナンドの出場停止試合数は、4試合へと変更となった」

新たにイングランド代表主将に任命されたファーディナンドは、ハル戦でのクレイグ・フェイガンに対する危険行為で、1月26日に処分を言い渡されていた。

当初、処分は3試合の出場停止というものだったが、ファーディナンドは不服とし、訴えを起こした。しかし、FAにはこの訴えが「あさはかである」と取られ、1月28日に決定した新たな処分では4試合の出場停止と、罰則が重くなってしまった。

ファーディナンドは4試合の内、すでに2試合の出場停止処分を消化している。今後、2月10日にホームで行われるアストン・ヴィラ戦、20日にアウェーで行われるエヴァートン戦には出場できない。しかし、2月28日に行われるカーリングカップ決勝には出場できる。

ページ 1 / 2 次へ »