登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

10/02/2010  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

ユナイテッドのカウンター攻撃

ユナイテッドはここ数週間に渡って、4-5-1を再び機能させている。今夜ヴィラ・パークで行われる試合でも、4-5-1で臨むことが予想される。

アレックス・ファーガソン監督は、カーリングカップのマンチェスター・シティー戦、そして、アーセナルとのリーグ戦で、ウェイン・ルーニーをワントップに据えるこのシステムを使ってきた。

土曜日(6日)のポーツマス戦では、ユナイテッドの伝統的な4-4-2に戻し、ルーニーとディミタール・ベルバトフのツートップで5-0の勝利を飾った。

4-4-2は攻撃的に振舞えるホーム戦に適しており、アストン・ヴィラと対戦する際は、守備をベースとしたカウンター攻撃に適した4-5-1が採用されるはずだ。

「4-5-1の狙いは、中盤をコントロールし、ポゼッションを維持することだ」と、ファーガソン監督は『インサイド・ユナイテッド』で語った。

「私は、ボールをより多く保持しているチームが勝利するチャンスに恵まれていると考えている。4-4-2に関しては、FWと伝統的な2人のウインガーが攻撃を担う」

ページ 1 / 2 次へ »