登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

09/02/2010  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

リオがイングランド代表主将に就任

リオ・ファーディナンドは、論争の的となっているイングランド代表のキャプテン就任について、自身の考えを明かしていない。しかし、ユナイテッドの指揮官とキャプテンは、ファーディナンドのキャプテン就任を支持するコメントを残している。

イングランド代表のファビオ・カペッロ監督は、チェルシーに所属するジョン・テリーの腕から、キャプテン・マークを剥奪することを決断。同選手の後任に、ユナイテッドでプレーするファーディナンドを指名した。アレックス・ファーガソン監督は、自身のクラブに所属する選手に与えられた栄誉を喜んでいる。

監督は「とても嬉しいよ」と、MUTVに語った。「このことはユナイテッドにとって素晴らしいことだと考えている。我々のチームに所属する選手の1人が、この国の代表チームのキャプテンになるのだからね。過去を振り返ってみても、今までにガリー・ネヴィル、ボビー・チャールトン、ブライアン・ロブソンといった選手たちが多くの試合でイングランド代表のキャプテンを務めてきた。それ故に、我々はリオのキャプテン就任を誇らしく思っている」

ユナイテッドでキャプテンを務めているガリー・ネヴィルは、長年に渡りイングランド代表で印象的なプレーを見せていたファーディナンドが、テリーの後任に指名されるのは自然な流れであるとの見解を示した。

「代表のキャプテンにリオが就任したことは、非常に名誉なことだ」と、ユナイテッドのキャプテンは語った。「リオは長年に渡り、イングランド代表で素晴らしいプレーを見せてきた。それに、彼は副キャプテンだったんだ。キャプテン就任は自然な流れだよ。イングランド代表のキャプテンがチームにいることは、クラブにとっても素晴らしいことだと思う」

ページ 1 / 2 次へ »