登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

01/03/2010  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

チェルシーがシティーに大敗

ユナイテッドがウェンブリーでの大一番を控えたこの週末は、優勝争いのライバル、チェルシーがホームで2-4の大敗を喫するという完璧な筋書きでスタートした。

ユナイテッドが28日にカーリングカップの決勝に臨む今週は、カルロ・アンチェロッティ監督率いるチェルシーにとって、勝ち点4差をつけて首位に立つチャンスだった。ところが、マンチェスター・シティーを相手に先制点を決めたチェルシーは、ジュリアーノ・ベレッチとミヒャエル・バラックの2人が退場処分となり、9人での戦いを強いられた末に、ホームでの今シーズン初黒星を喫した。

シティーの粘り強い守備に阻まれ、チェルシーがフランク・ランパードのゴールで先制点を奪うまでには、実に42分もの時間がかかった。しかし、そのリードは前半のロスタイムまでのわずかな時間しか続かず、元ユナイテッドのストライカー、カルロス・テベスがすぐさま同点ゴールを決めた。

さらに、クレイグ・ベラミーが後半に2点を追加し、ベレッチのガレス・バリーに対するファウルで獲得したPKをテベスが決めた。ランパードがロスタイムにPKを決めたが、1-4と大きく引き離されていたスコアを2-4と、わずかに巻き返しただけだった。

キックオフの前には、最近プライベートな問題で一騒動あったウェイン・ブリッジが、元チームメートのジョン・テリーとの握手を拒否する一幕もあり、アウェーのシティーファンが「ウェイン・ブリッジがオンリーワン」のチャントで、ブリッジをサポートしていた。

ページ 1 / 2 次へ »