登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

07/02/2010  Report by Steve Bartram

監督は忍耐強さを称賛

アレックス・ファーガソン監督は、ユナイテッドが順当にポーツマスを負かしたことに安堵しているようだ。

ユナイテッドは序盤、攻め込みながらもゴールを奪うことができず、降格の危機に瀕するポーツマスに希望を与える結果で終えようとしていた。しかし前半終了間際、ウェイン・ルーニーの先制ゴールが生まれると、アントニー・ヴァン・デン・ボーレのオウンゴールで点差は2点に広がった。

「先制ゴールを奪うまでに時間がかかったね。しかし、我々はポーツマスに良いプレッシャーを与えていた。ポゼッションも高く、忍耐強く試合を支配し続けた」と、ファーガソン監督はMUTVに語った。

「特に今日のパフォーマンスが重要になると私は思っていた。ポーツマスは難しい相手だったが、ハーフタイム前にゴールを奪うことができた。これで我々は試合をさらに優位に進めることが可能になった。後半はさらに良いパフォーマンスを見せてくれた」

「ポーツマスが試合に勝利するためには前に出てこなければならない。だが、ポーツマスにとってそれが仇となったようだ。我々はそれを上手く生かしたことで、幸いにもさらに3ゴールを加えることができた」

ページ 1 / 3 次へ » 


妥当な結果

「先制ゴールを奪うまで時間がかかった。しかし、我々はポーツマスに良いプレッシャーを与えていたね。ポゼションも高く、忍耐強く試合を支配し続けた。特に今日のパフォーマンスが重要になると私は思っていた。ポーツマスは難しい相手だったが、ハーフタイム前にゴールを奪うことができたよ。これで我々は試合をさらに優位に進めることができた。後半には良いパフォーマンスを見せてくれたよ」
― アレックス・ファーガソン監督