登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

21/02/2010  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「完敗だった」

アレックス・ファーガソン監督は、選手の疲労がグディソン・パークでのプレーを鈍らせたと説明した。だが、同時に監督はエヴァートンのパフォーマンスがユナイテッドを上回っていたことを認めている。

ユナイテッドは16日にミランを3-2で破っている。しかし、同じくヨーロッパの舞台で戦っていたエヴァートンは、より早く試合に向けてコンディションを立て直したようだ。「完敗を喫した。それだけのことだ」とエヴァートン戦の1-3の敗戦の後に監督が話した。

「選手たちはミラノでは元気だった。ミラノに何かを残してきたのかもしれないね。確かに、選手たちは疲れているように見えた。その影響は特に後半に大きかった。後半はずっとエヴァートンに遅れをとっていたからね。我々は良い試合の入り方をしたが、リードを奪った後にあんな早くゴールを失いたくはないものなんだ。同点ゴールでエヴァートンは勢い付いてしまった。後半、エヴァートンはより良いチームだった。それはシンプルなことだ」

しかし、ファーガソン監督は23日にオールド・トラッフォードでのウェストハム戦でユナイテッドがポジティブなリアクションを見せてくれることを予想している。そして、タイトルレースでチェルシーにアドバンテージを与えたことにうろたえてはいない。

「がっかりしている。もちろん、選手たちもそうだ。彼らはチームのためにプレーしており、ユナイテッドが負けるのを好まない。だが、我々は長い間、敗れた後に素晴らしいリアクションを見せてきたので、心配はしていない。もちろん悪い結果ではある。他のチームが勝ち点を落とすことを願うよ。だが、シーズンには何度もこういうことがある。パニック

ページ 1 / 2 次へ »