登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

26/02/2010  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

アンデルソンが6カ月の離脱

ユナイテッドのブラジル人MFアンデルソンは、十字じん帯の損傷により、6カ月間の戦線離脱となる。

アンデルソンは、火曜日(23日)に行われたウェストハム戦の前半に負傷。2週間以内にポルトガルで手術を受けることになった。アレックス・ファーガソン監督は、21歳のMFが2010-11シーズンの開幕に間に合うことを願っている。

「最悪の知らせが我々の下に届いた。アンデルソンが十字じん帯を損傷してしまった。今シーズンの残り試合で彼を起用できない」と、ファーガソン監督は25日に語った。「彼にとっては不運な出来事となってしまった。大きなダメージだよ」

「彼には手術が必要であり、2週間以内に手術を受けるだろう。ただ、手術は患部の腫れが引いてからになる。我々は手術のために、彼をポルトガルに行かせるつもりだ。我々は度々、コロラドのリチャード・シュテットマン医師に負傷した選手を診てもらうが、今回は、彼がポルトに所属していた頃からの知り合いである専門家に見てもらうことになった。我々は昨日、現在の状況を整理して今回の決断を下した。上手くいけば、6カ月後には復帰し、新シーズンを共に迎えることができるだろう」

ウェストハム戦での出来事は、一見何の問題もないように思われた。「この手のけがは、単純なプレーの時に起こることが多い。彼はボールをパスするために足を伸ばし、その時にひざを痛めた」と、ファーガソン監督は続けた。

ページ 1 / 2 次へ »