登録
ようこそ 
登録情報を変更する




サッカーニュース

13 December 2010  Report by Ben Hibbs

ユナイテッド 1-0 アーセナル

ユナイテッドは13日に行われたアーセナルとの首位決戦で、パク・チソンのゴールにより、1-0で勝利した。

※パクの写真をクリックして、アーセナル戦のギャラリーをチェック!

股関節を痛めているポール・スコールズはこの試合に間に合わなかったものの、ユナイテッドはマイケル・キャリック、アンデルソン、ダレン・フレッチャーを起用して中盤を厚くし、ウェイン・ルーニーをワントップで使う戦術に出た。

一方のアーセナルも、ロビン・ファン・ペルシー、セスク・ファブレガスはベンチスタートだったが、中盤に5人を配し、マルアーヌ・シャマフを前線で起用してきた。またGKはこのゲームがリーグ戦デビューとなった20歳のヴォイチェフ・シュチェスニーだった。

最初に大きなチャンスをつかんだのはユナイテッドで、9分、ルーニーが遠目から一撃を打つ。しかしこれはシュチェスニーの正面だった。

ユナイテッドの攻勢は続き、23分には相手DFの中途半端なクリアボールから、ナーニがボレーを放つも、わずかに枠の外だった。

先制点が生まれたのは41分で、ナーニのコースの変わった難しいクロスに、見事な反応を見せたパクが頭で合わせた。

アーセナルは後半の立ち上がりから積極的に攻撃を仕掛け、トマーシュ・ロシツキがボレーでゴールを狙う。だが枠を捉えられなかった。アーセナルが押し込む場面が続いたが、ユナイテッドはナーニがゴール前にクロスを上げてチャンスを作る。しかしアレックス・ソングにヘディングでクリアされた。

前半と違ってカウンター攻撃に頼ることが多くなったユナイテッドは、アンデルソンがルーニーとの連係からゴールを狙った。だがここも、前に出てきたシュチェスニーに阻止され、アンデルソンにとって2試合連続の得点とはならなかった。

アーセナルは55分、最近好調のサミル・ナスリが左足でシュート。これはエドウィン・ファン・デル・サールにセーブされたが、こぼれ球にシャマフが詰める。しかしユナイテッドは今度はネマニャ・ヴィディッチが飛び込んで、ゴールを許さなかった。

その後は一進一退の展開が続き、ユナイテッドはカウンターからナーニが好機をつかむが、シュートを上方に外してしまった。ナーニはさらにペナルティーエリア内でガエル・クリシのハンドを誘い、PKを獲得。しかしルーニーがこれを失敗し、ユナイテッドはリードを広げるチャンスを逃してしまった。

それでもアレックス・ファーガソン監督率いるチームは、最後まで集中力を切らすことなく、アーセナルを無得点におさえ、首位の座を奪還した。

※次節以降の試合予定はこちら

※あなたが選ぶマン・オブ・ザ・マッチは? 早速、投票しよう

【関連記事】
エヴラ「勝利に値する試合だった」