登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「サンダーランドのホームで勝ち点を獲得できたことは幸運だったね。アウェーで厳しい試合だったにもかかわらず、勝ち点を獲得できたのだから。サンダーランドはアウェーではあまり良い成績を残していない。ただ、チェルシー相手にアウェーで勝つこともできる力を持っている。サンダーランドは素早く、勢いがあるチームだ。彼らとの対戦は激しい試合になるだろうね」

― アレックス・ファーガソン監督

23/12/2010  Report by James Tuck

監督「勝負は年明けから」

アレックス・ファーガソン監督はリーグ首位でクリスマスを迎えたことに満足しているものの、これから始まる激しい戦いへの断固とした決意を示した。

ファーガソン監督は本当の優勝争いは年明けから始まるという見解を示した。ユナイテッドはサンダーランド戦を皮切りに、バーミンガム、ウェスト・ブロム、ストーク戦と10日で4試合を戦う過密日程をこなす予定になっている。

「1月4日の時点で我々がトップをキープできていれば、かなり良い状態でその後の優勝争いを戦っていけるだろう。首位であることは驚きではないですか?と質問されたが、私がびっくりしているのはトップチームが勝ち点を失っているということだ」

「多くの人はこのリーグがいかにタフであるかを知らないのだろう。サンダーランド戦からの日程は我々にとって年末の大忙しの期間になる。4試合を10日でこなすのは大変だ」

過密日程の初戦でまず戦うのはスティーブ・ブルース監督率いるサンダーランドだ。彼らはホームでユナイテッドとスコアレスドローを演じ、チェルシーのホームでは3-3で勝利している。

「サンダーランドのホームで勝ち点を獲得できたことは幸運だった」とファーガソン監督は続けた。

「敵地での厳しい試合だったからね。サンダーランドはアウェーではあまり良い成績を残していない。ただ、チェルシーを相手にアウェーで勝つこともできる力を持っている。サンダーランドは素早く、勢いがあるチームだ。激しい試合になるだろう」

【関連記事】
サンダーランド戦プレビュー